はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

そういえば『ブレイクブレイド』(吉永裕ノ介)の映画化

6部構成というはっちゃけた規模は、むしろ上げ下げのタイミングが難しいよなぁとか(無論、売れればずっと出しておけばいいんですけど)思うぐらいで、仕事以上の興味は全くなかったのですが、スタッフに
総監督:アミノテツロ
とか名前が出ていて困る。
監督は別にクレジット(羽原信義)されているので、どこまで権限もって制作に携わっているのかわかりませんが、アミノさんかー、アミノさんかー、アミノさんかー。
アミノテツロ(旧:アミノテツロー)は、私が富野由悠季以外では唯一といっていい、思い入れと高い評価をしているアニメ監督。『爆走兄弟レッツ&ゴー』とか、子供向けのミニ四駆販促アニメなのに、滅茶苦茶面白い。
“子供だましでは、本当に子供が面白いと思うものは出来ない”
を地でいく傑作。
放映延長で監督が交代してから全部滅茶苦茶にされたり、DVD−BOXが色々アレだったらしく後にネガティブなネタが多いのですが、1年目は本当に大傑作。
最近はあちこちで絵コンテ仕事やっているぐらいしか聞かなかったので、嬉しいなぁ。
ただ問題は、原作をあまり面白いと思わない事。
本邦ロボット物+大陸的戦記物、の融合、という感じなのですけど、あんまり肌に合わない。
女性キャラの絵柄は好きなんですが(笑)