はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

改めて、思ったより、凄いなぁ

新潮社の1月刊行の文芸書の、大まかな初版部数など見ていたら、

1月後半の刊行で、1万部をはっきり超える予定になっているのはこの3作だけで、他は大体5千〜1万部程度なのですが、思っていた以上に有川浩に対する評価は高いし、この御時世に初版でこれだけ行くという事は実績も出ているという事で、凄いなぁ。
西村京太郎は新書版ですし、1000円超える書籍としては、今月の新潮社で一番の部数か。