はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『JESUS〜砂塵航路〜』4巻、感想

JESUS 砂塵航路 4 (4) (ビッグコミックス)

JESUS 砂塵航路 4 (4) (ビッグコミックス)

まさかあのキャラが再登場するとは!
ナイト復活を越える衝撃。
いよいよこうなると、水谷弟の出番が待たれる限りですが、一人だけスルーされたらどうしよう。キャラクターとしてちょっと出し方難しそうですし、何が出来るわけでもないしなぁ。
本編の方は、火野フィーバー。
愛されてるなぁ、火野。
あと、巻を重ねて段々とヒロインが可愛くなってきた気がします。
そこも含めて、今作のジーザスは「教師」なのだなぁ。
「男と女」ではなく、「教師と生徒」のヒーロー・ヒロイン。ヒロインを生徒とする事で「教師」としてのジーザス像がより浮き彫りになるという構成がここに来て明確に見えて参りました。
もう一つ加えれば、これは“復讐を終えた男”の物語であり、“復讐から解き放たれたものはどこへいけばいいのか?”の物語になるのでしょう、おそらく。
思えば『ジーザス』『闇のイージス暁のイージス)』は共に“復讐”を中心に据えた物語であり、今作で登場する“復讐を抱えたものたち”がジーザスの合わせ鏡なのだとすれば、この『砂塵航路』は、いよいよその先へ踏み込んでみよう、という作品であるのかな、という気がします。
クロスオーバー展開の方は、なるほど『死がふたりを分かつまで』で、ブレードとイージスを絡め、こちらでジーザスと台場巽を絡め……と展開していくわけですね。やがてそれが一つになる……(のか?)という展開は、ちょっと燃えます。
後は、空中分解しないように祈るばかり。
というか、モバMANが沈没するような事があれば、ヤングガンガンに責任をとって連載してもらうしか(笑)
全体としては今巻も安定した面白さで、次巻が早くも楽しみです。
『砂塵航路』4巻がらみの番外編、更新しました↓
『闇のイージス』の部屋