はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

野心と目標

去年の9月に、こんな事を書きました。


「日本代表監督の「目標はベスト4」発言」
まあ、“志は高く持て”という事で言えば悪い発言ではないのかもしれず、本気度がどの程度かは不明として、隣国への意識も踏まえてこの辺りの発言になるのかもしれませんが、夢というには中途半端だし、本気というにはリアリティが無い、といった所なのか。
ただ、この発言が取り沙汰されている、そして明らかにしている根本的な問題は、
日本サッカー協会に目標設定がない
という事ではないかと思います。
日本サッカー協会として、ある程度、目標に対するアピールがあれば、「協会の現実的目標」と「監督の心意気」を別で語る事は可能だと思うのですが、それが無いが故に、監督の発言が努力目標を飛び越えて、まるで全体の指針のごとく語られてしまう。
そんな日本サッカー協会が、南アフリカW杯をおよそ3ヶ月後に控え、遂に協会として公式の目標を、事実上、発表。
〔日本代表W杯4強想定で予算176億円/sanspo.com〕
予算組むわけですから、これがノルマという事ですよね。
素晴らしい覚悟です。
岡田監督もますますやる気が出る事でしょう。