はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

星海日誌〜待てば海都のひよりあり〜:1

折角なので、ぼちぼちと『世界樹の迷宮3』のプレイメモでも書こうかと。
基本的に、物語の展開に触れる内容は書かないつもりですが、クラスのスキルなどについては触れるかと思うので、一切情報シャットアウトしたいんだ、という方はご留意下さい。
まあ基本的に、世間よりネタが早いという事はないと思いますが(笑)
せいぜい、休みと発売日が重なった昨日ぐらい。
そういえば、レジで私の前に居た人が『世界樹3』持っていて、もちろん私も持っていて、後ろに並んだ人も持っていた。なんか恥ずかしかったのは、修行が足りないからか。
さて、ゲームの感触ですが、ほぼ前作と変わらず。まあそもそも、古典的3DダンジョンRPGを志向しているので、意図的に変えていないのでしょうが。……街の人達は、少し、クセが強くなったか、な。
ダンジョンのマッピングでは、新機能の、オートパイロットが、割と便利。矢印型のルートアイコンを配置しておくと、その通りにオートで移動(もちろん、ON/OFF可)してくれるというもので、アイテム堀り用のルートなど設定しておくと、割と重宝します。惜しむらくは、片道でしか使えない事。矢印を逆方向に一発切り替えとか出来たら良かったのに。
あと前作でも思ったのですが、個人的にはマップ上に置けるアイコンが、もう3つぐらい欲しい。
ギルド名は、熟考の末(?)、オーレンジャーに。超力戦隊です。
「フューチャーメン」(前作)、「じえいたい」(『セブンスドラゴン』)と来たので、次は戦隊だろう、と。
……阿呆ですみません。
「エクシードラフト」と、ちょっと悩んだ。
クラスのグラフィックは、ファランクス女のパターン1(左側)、プリンスのパターン2(右側)、シノビ男のパターン2(右側)あたりが、割とお気に入り。
モンクの爺さんも好きなんですが、回復されるのは嫌なので、あれは余裕が出たら、拳マスターを作れと、そういう事ですよね???
現在、ファランクスがパーティ内では贔屓されています。
一日経って3Fまで来た所で、現在の主力は
<前衛>ファランクス女・プリンス・ウォリアー男(槌)
<後衛>モンク女・パイレーツ女(銃)
という感じ。他にバリスタと、ファーマーが二人(解体用と採集用)、育っています。シノビは最初、ちょっと使っていたのですが(忍者が好きだから!)、スロースターターなクラスっぽいので、しばらく放置。ゾディアックとビーストキングは、作成しただけで、まだ未使用。
まあなんか、ダンジョンに合わせて、けっこうコロコロパーティ変えるぐらいのつもりでいいのかなぁと思って、進めています。前作ではブシドー固定・メディックほぼ固定、で進めていましたが、今回はファランクス固定になりそう。モンクは固定になると思っていたのですが、今、実験で取ってみたプリンスの某スキルが思いの外使えたのでセーブし、なんかモンク抜きでも行けそうな感じになっているので、後衛にバリスタ加えて夢の自己再生アタッカーチームでどこまで行けるかやってみようかなぁとか、思っております。
この辺り、パーティバリエーションというかバラエティ性は上がっているのかなぁ……上がっていると嬉しいのですけど。
後は前作で、使えた系統のスキル/使えなかった系統のスキル、がどこまで調整されているのか、まあ、クラス一新というのは、面白い事になっていると思います。
軽い気持ちで実験すると、容赦なく取り返しがつかなくなったりするのが、怖いですが(「休養」もあるとはいえ)。
なおプレイスタイル的に、肉弾戦至上主義なので、まずはアタッカーの武器マスタリーを重点確保(途中で一つぐらい技も取る)、それから他に回す、という感じでスキル取っています。ウォリアーは既に槌をマスター済み。ちなみに槌なのは、腕封じ技があったから。前作では封じ系が使えましたが、今回どうなのかなぁ。使えると信じて、槌にしたので、微妙だとショッキングな事になりますが。
まあ、30人までギルド登録できるので、同クラス別バリエーションとかも、色々と出来そうです。
今作も、なかなか楽しめそうで、ぼちぼち進めたいと思います。