はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ワールドカップ86年準々決勝

アルゼンチンvsイングランド
昨夜、NHKで夜中に再放送していたので、マラドーナの伝説プレイ見たさについ見てしまいました。
昔のサッカーって、今見ると妙にもっさり見えるのですが、人間の機動力なんてそうそう変わるものでもないと思うので、チーム戦術が今とはだいぶ違うという事なのですかねやはり。ファウルの基準が違う、というのも大きいのでしょうが。
そして伝説のあれは、改めてみると、100%パンチでした。
で、そんな神の手を、「なんかハンドに見えるけど、アルゼンチンがんがん攻めているから、そろそろ1点あげてもいい頃だしね」で済ました解説の岡野さんは凄い(まあ解説席で判定にだらだら言っても意味は無いわけですが)。
その後のマラドーナ5人抜きは、本当に凄い。
あと、主審のイエローカードを出すスピードが凄かった。
この特番、続くなら、02年の日本vsベルギーとか、やってくれないかなぁ。