はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

さだまさし、需要と供給を語る

新潮社情報誌『波』連載「対談シリーズ・寿限無の言い分」(聞き手:吉川潮)より、立川談春と、さだまさしの会話。


さだ「おれのやりたい<さだまさし>を十割やったとするだろう。そしたら客は来なくなるんだよ」
談春「来なくなりますか」
さだ「来ないね」
談春「どうしてです?」
さだ「やっぱり、秋桜歌ってくれよ、無縁坂歌ってよ、という話になるんだよ。じゃあ客の求めている<さだまさし>だけでやったとする」
談春「はい」
さだ「三回で来なくなる」
談春「なんでですか」
さだ「飽きるんだな。だから、客が求めている<さだ>七割、おれがやりたい<さだ>三割。長年やってきた結果、バランス的にはそれがいいと思うな」

まあ、まさしはまさしで特殊な部分はあるかと思うのですが、話の根本自体は、色々なジャンルにも通用する事ではないかと思う。