はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

俺達の槍

ここ2日ぐらい、見た試合の感想。日をまたぐ試合がメインだったので、いつ見たのかよくわからなくなってきた……(笑)
◆イタリア×ニュージーランド
基本、イタリア贔屓なのですが、ニュージーランドが予想外に面白いサッカー。
ショートパスで中盤を繋ぐサッカーよりも、どちらかというと、ロングボールを入れて走り込んで〜、みたいなサッカーが好きなのですが、くしくも両チームとも、似た方向性。ニュージーランドは、時々、切れ味鋭い上がりを見せるなど、見応え抜群でした。正直、もっとぐだぐだなチームだと思っていました、すみません。
試合の方は前半、カンナバーロのミスから先制したニュージーランドが、イタリアのコケ芸にPK献上はしたものの、後半はイタリアに圧倒されながらも凌ぎきり、同点引き分け。
いや面白かった。
同点の終盤、カメラがやたらに、目の死んでいるイタリアサポと、半裸ではしゃぎまくるニュージーランドサポを交互に映しているのも面白かった(笑)
オーストラリアに一足先にさよならされたニュージーランドも、オセアニア→アジア地域に移動を希望しているみたいですが、この大会を一押しに、OKされるというのもあるのかなー。お互いの為に、いい話ではないかと思う。
◆チリ×スイス
1戦目が非常に良かったチーム同士という事で楽しみだった試合ですが、こちらも面白かった。
この2チームはレベルが高い。
審判だけがレベルが低かった(^^;
前半に退場者を出したスイスですが、さくっと攻撃の核であるフレイを交代させると、後半には完全に落ち着いて、10人とは思えない守備とカウンター。最後はチリの猛攻の前に屈しましたが、両チーム共に持ち味を充分に見せた、良い試合でした。
出来ればこの2チームに上に行ってほしいなぁ(正直スペインにはあまり思い入れがない)。
ところで今回、数年前まで現役だった選手(或いは、まだ現役)がゲスト解説などで各局出ていますが、TV朝日でこの試合を担当した名波浩が、一人少なくなってからのスイスのカウンターを見て、
「俺達は槍持ってるんだ、という所を見せましたね」
と一言。
名波さん的に、「守っているだけではなくて、隙があれば攻撃するぜ」というのを表現したかったみたいなのですが、一瞬、あの松木安太郎が、「彼は何を言っているんだ!?」と動揺した気配が実況席から伝わりました! さすが、日本の誇るファンタジスタ名波。素晴らしい言葉のキラーパス
なお言い回しが気に入ったのか、試合後にも使っていました。
名波さんには次回も独創的なフレーズに期待したい。