はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

日本×パラグアイ戦、感想

史上初のベスト8進出へのプレッシャー、相手との力関係を考えた時の期待感、その上で互いのチームへのリスペクト、というような条件が、くしくも両チームに揃った事で、非常に重たい試合となりました。
最終的には総合力で勝るパラグアイが押し潰すか、日本が一瞬の閃きで切り裂くか、みたいな試合になって、日本の弱みという所でいえば、戦術及び交代要員の面において、後半にどうやって点を取るかの構築不足、というのが出た面はあったかなと思います。
パラグアイは、良くも悪くもエゴイストがいない、というのが最後の一押しが出来なかった所であり、このチームが堅実な強豪、に留まっている所以なのかなぁ(トルシエ的にいえば、一人のクレイジー?)……しかし散々映像が流れましたが、最後のPK戦、小憎らしいほど巧い。
決着がついた時、監督さんが泣いていたのが印象深い。
いい写真↓
〔W杯・マルティノ監督と岡田監督/Yahoo!スポーツ×スポーツナビ〕
ところで、ウルグアイパラグアイをハイブリッドすると、南米最強のチームが出来る気がして仕方がありません(笑)
さて日本代表、グループリーグの勝利と、この敗戦と、そしてここに至る過程を、次の4年、その次の8年へ向けて、肥やしにしてほしいと思う所です。
8年前の大爆破をまたやってはいけないし、かつてないほど発言力と注目が集まっている今、岡田監督には退任前の最後の仕事として、協会を一発張り倒してほしいなぁとは、期待する。
ファンも例えば10年前と比べれば遙かに目が肥えているし、ウブでなくなっていると思うのですが、どうも協会は、そこの所を延々と誤解している気がしてならない。