はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

その、向こう側

つ い に 国 書 刊 行 会 の 本 を 買 っ て し ま っ た 。
この“一線を越えた”感は余人には全く理解されないだろうと思うのですが、翻訳SFでないだけ、まだマシ、一線は越えたけど、足の裏をつけただけだ! みたいに思おう。
というわけで、浅倉久志のエッセイ『ぼくがカンガルーに出会ったころ』を購入。

ぼくがカンガルーに出会ったころ

ぼくがカンガルーに出会ったころ

そういえば、杉浦先生の時も、野田大元帥の時も、亡くなったという報を聞いてから、著作を買ったなぁ……変な習性だな(^^;