はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

富野由悠季×本広克行対談

現在発売中、「ガンダムエース」8月号掲載の、対談より。


富野「僕がガンダムエースの連載漫画を何一つ読めないのは、みんなが自分の手の内でしかやってない、時間つぶしの仕事にしか見えないからなのね」
カントクっ、カントクっ、建前でも、『THEORIGIN』は読んでいるという事になってませんでしたっけカントク!?
約4ページという分量なので小津安二郎の話などをさくっと、といった内容なのですが、印象深いのは、本広監督が「富野監督はエンターテイメントにおけるシステムを一つ作り上げたから凄いし、だからもう何をやっても許される」と言っているのに対し、富野が「でもそのシステムで仕事している連中に見る価値はない」というようなニュアンスでぶったぎっている所。
富野のこれは、死ぬまでつきまとってしまうものなのだろうなぁ。