はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『零の軌跡』つらつら

戦闘バランスなどへの評価は、全て第2章時点。

  • レベル差における経験値補正が厳しいので、過剰なレベル上げは出来ない。
  • 結果的にどこで差が付くかというと、セピスをどこに突っ込むか、か。
  • 全体的に打撃力低め。これはおそらく、アタックエンカウント方式な為、プレイヤー側が「奇襲攻撃」に成功した時に圧倒出来る、というバランスになっている為。ゆえに通常の戦闘では、クラフト技を使いつつ、いかに効率よく敵を殲滅していくか、というのが主眼。
  • その効率性の寸断を目的としている為、状態異常攻撃がえぐい。
  • 状態異常の回復がターン数固定の為、「気絶」攻撃とか、普通にループ(笑) 「気絶」攻撃を受けて気絶→回復している間に、また「気絶」攻撃(気絶しているので回避できない)→再び気絶(回復までのターン数リセット)→……
  • その分、状態異常の回復アイテムは、戦闘しているだけで腐るほど拾う。また、状態異常を防ぐアクセサリー装備も充実。
  • 逆にプレイヤー側も、状態異常攻撃を持っていると有利。しかし、追加効果クオーツ(「毒の刃」など)は、確率10%と書いてあるが、プレイしている感覚だと、30%ぐらいで入っているような。
  • 攻撃の回避に成功→カウンター発動(攻撃レンジ内に限り)、の為、状態異常「暗闇」(命中率が大きく下がる)が、非常に危険&有効。そんなわけでランディのクラッシュボム最強伝説。
  • ローコストで範囲回復するエリィのホーリーバレットも非常に有効。
  • なかなか面白い戦闘バランス。……レベルはもうちょっと上げやすい方が好きですが。
  • カジノは、ポーカー一択。というか、他のは全て罠っぽい。
  • 最初は貧乏でどうなる事かと思っていましたが、それなりに戦闘していれば、途中から資金的には楽。むしろ戦闘の目的が、経験値稼ぎから、セピス集めに変わる感じ。
  • 身を護る武器より一杯のラーメンの方が高い、魔都・クロスベル。
  • 事ある毎に、建物出てすぐの所で団子になって相談を始める主人公達(邪魔)なのですが、先日ついに、NPCからツッコまれた!