はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

強かったなぁ、アパパネ

前走は何だったんだ、というぐらいの、見事な横綱相撲。
しかしこれで、牝馬三冠は史上3頭目、と聞くと、やっぱり牝馬三冠は扱いが軽い気がしてなりません……競馬に限った話でなく、「賞」の「格」というのは、有る程度は主催サイドで誘導できるものなわけで(蓄積されていくとまた別の格が生まれるわけですが)、誰が悪いかといえばやはり、JRAに今ひとつ盛り上げる気が感じられない所ではないかと思う。
場合によっては顰蹙ものの盛り上げとかしてみせるのに、時に異常に冷淡なのは、いったいぜんたい、何なのか。
この一週間の競馬方面を振り返ると、もう少し色々やりようあったのではないか、とは思わずにはいられません。
まあ、スティルインラブの時も冷たかったのですが、こう冷たいと、見ている方も、そういうものですか、と思ってしまうのだけどなぁ。