はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

古い鉄

待望のスーパーロボット超合金、アルトアイゼン、買ってきました。
定価5040円の玩具だけに、全体的な出来は良いです。フォルムや可動、触り心地(これけっこう重要)など、満足度高し。スケール的に、なよっとした感じだと嫌だなぁと思っていたのですが、想像以上にがっしりとした造りで、スケールよりも一回り大きく見えるぐらい。新ブランドの初期ラインナップという事で気合いも入っているのでしょうが、値段に恥じないクオリティにはなっております。……まあ、高いけど。
どう考えてもバランスの悪いアルトですが、それを考慮して下半身を重めに作成されており、接地性・安定性も、しっかりしております。その辺りはさすがバンダイ、ぬかりなし。これなら、更に上半身が重い、リーゼとかもいけそうな。デメリットとしては、重いので、動かしている時に手を滑らせて何かにぶつけたりすると、自重で壊れそうな事(^^; ちょっとドキドキ。
あと合金の匂いなのか、ちょっと臭いです(笑)
これはフィギュアの素材によってよくある話ではありますし、しばらく置いておけば、抜けるかと思いますが、久々に、かなり臭い。
不満点としては、武器を持てる握り手がついていなかった事。アルト自体は、武器なしで構わない機体でありますが、今後もこのブランドでスパロボOGのシリーズ展開するみたいですし、それならゲーム通りに、武器は共通で持てるようにしてほしかったなぁ。そうすれば、今後のシリーズ展開で遊びが広がるし、こちらも買う楽しみが増えるのに。
まあ、アルトの場合、肩のクレイモアの問題もあるので、手持ち武器を想定した設計にしたくなかった、というのあるかもしれませんが(笑) いやその辺りはほら、遊ぶ方の自己責任でやりますから、とりあえず穴の開いたタイプの手もつけておいてくれればいいのですよ(笑) ロボット魂でもリボルテックでも、何でも持たせますから。
今月発売のホビー誌によると、ホビーショー(?)かなんかで、ヴァイスリッターの参考出展もあったようで、やっぱりコンビで置きたいので、早く作ってくれないかなぁ、ヴァイス。
後はRシリーズも参考出展されたそうですが、1と3は興味ないけど、R−2(パワード)は割と好きなので、ちょっと気になる。
値段が値段なので、あまり買えませんが、戦隊ロボもラインナップしていたり、最近のバンダイは大人にいいもの売りつける路線が成功しているのか、ロボット魂とかもかなり変なラインナップでマニアックなもの出してくれていますし、ブランドの充実には期待。