はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

岩隈、ポスティング移籍、破談?

代理人Twitter発言他、各紙微妙に情報が入り乱れておりますが、主に金銭の条件面を主因に、岩隈の移籍交渉が決裂しそうとの事。
色々、並べてみる。

交渉ごとなので、お互いの条件を摺り合わせていくのが基本だよなと思ったら、向こうでもそういう事情は変わらないようで、ギャップを埋める作業に入る前に一方的にイエスかノーを迫られた、など、条件面以外に、交渉の経緯そのものへの不信感なども重なってはいる模様。
しかしまあ、考え方とか、マーケットの規模とか違うんだろうとしても、こちらから見ていて幾ら何でも、という額面がこれまで飛び交いすぎていたわけで、日本人投手バブルが終わった、といえば、そういう事なのではないか、とは思う。
最初は1年とか2年とかで契約して、向こうで実績あげて、複数年高額契約を結ばせる、という方が、正当な道筋ではないか、と思うのです。
代理人は文句を言うなら、藪とか井川とか藪田に言うと良いのではないか(笑)
メジャーが青田買いみたいな事をしていた時期ならともかく、現状では、現地で何の実績もない投手に、年俸微増、ぐらいなら決して低い評価だとは思わないし、悔しかったら数字で黙らせろ、というのが、シンプルかつ本質的ではないかな、という気がします。
しかし楽天は、戦力としては勿論助かるでしょうが、入札金入らない、岩隈の年俸はかかる、既に補強の手を伸ばしまくり、と、球団の予算が物凄い勢いで膨れあがりそうですが、どうなるのでしょうか。これまでの楽天論法でいけば、赤字幅が大きいようだったら、監督のクビを飛ばすんですよね?(笑)