はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

うむむ

急に変な衝動が来て、コミック文庫版『三国志』(横山光輝)の最終巻を読んだのですが、原典を離れてネタになりすぎているせいで、「死せる孔明、行ける仲達を走らす」の、「げーっ、孔明!」のシーンが、やたらに笑えて仕方がなかった(笑) よろしくないよろしくない。
ところでここで、追撃してきた仲達の前に孔明(の木像)が姿を現すシーン、登場前の擬音が、
ジャーッ ジャーッ
である事に、初めて気付きました。
横山三国志の伏兵登場の擬音というと、ジャーン ジャーンが有名ですが、大先生、これも使い分けていたりするのかしら。
しかし、ジャーン ジャーンは、聞こえないのに聞こえた気になる、素晴らしい擬音だよなぁ。