はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

北方の獅子と雪だるま

『傭兵の二千年史』と同じ筆者の、『戦うハプスブルク家』(菊池良生)を読書中。
三十年戦争の顛末についての本なのですが、スウェーデングスタフ・アドルフ王が介入してきた頃のエピソードで、


一方、グスタフ・アドルフは快進撃を続け、オーデル川まで迫ってきた。しかし皇帝を始めとするウィーン政府は高を括っていた。
(中略)
こんなわけで、ウィーンの皇帝政府の面々は
スウェーデン王とかけて雪だるまと解く。その心は、南にくれば、融けてなくなる」
と謎掛け問答をするほどに余裕綽々であった。
神聖ローマ帝国にもあったのか、謎掛け。
似たようなニュアンスのものを、日本語の形式に合わせて訳したのかもしれませんが、ちょっと面白かった。