はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

脳天砕き

「ジャック・ハマーって、実際にある技名だよね?」と念のために検索をかけたら、ウィキペディアにやたらに詳細な「ブレーンバスター」の項目があって遂読み込んでしまう(笑)
プロレスにはほとんど造詣が無いので(FCで『激闘プロレス』やっていたぐらい)、「ブレーンバスター」というのが、
「ブレインバスター (Brainbuster)」
という事だと、今日初めて理解したぐらいです。
そしてジャック・ハマーとは、


ブレーンバスターの形で抱え上げ、パワースラムやアバランシュ・ホールドのように自分の体を相手に浴びせるようにして、体重をのせながら相手を背面からマットへ叩き付ける。ビル・ゴールドバーグが考案し、スコット・ノートンも使用する。前述のブレーンバスター・スラムが原型とされる。
他にもGammaがガンマ・スラッシュ、ブルー・ウルフがモンゴル・ハマー、浜亮太リョータ・ハマーとして使用している。
〔ブレーンバスター/ウィキペディア〕
だそうです。
この伝でいくとディアナが使うのはさしづめ、イスマス・ハマー、と言った所か。
で、その下にライスシャワーとか書いてあって、「なぜ競馬?!」と思ったら、

朝日放送『探偵!ナイトスクープ』の中で依頼者(依頼者が米屋の店員だったため、それに因んだ技名を依頼者が考えた)が考案した。
という新技だった。