はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

沢村は良いなぁ

シーズン前から解説者筋の評判が非常に良かった沢村ですが、昨日初めてTVで見たけど、確かにいい。
昨日がどのぐらいの調子だったのかはわかりませんが、平均してあれぐらい投げられるとしたら、これは非常に期待のもてる投手。
先々楽しみです。
チームとして勝ち星つけられたのも、良かった。
ところで一昨日の脇谷のセカンドフライ誤審とその後の発言についてですが、グラウンドにおける審判のジャッジは物理法則をすら超越するので、審判が「アウト」と言っている限りは「捕球されていた」のであって、すなわち「落ちたように映っていたTV映像がおかしい」という脇谷理論は間違ってはいない。
その上で、ウィットとして面白かったかどうかと問われれば微妙な点数にはなるのですが、プロ野球選手が「ノーコメント」と言う方が、よほど面白くないと思うので、聞かれたから何か答えたという点に関しては評価したい。脇谷は今ひとつ存在感のパンチに欠けるので、この際、ふてぶてしいキャラを貫くというのはどうか。
そんな先輩もそのポジションに居たし。
テニスなんかでは回数限定で、IN/OUTに関して、ビデオ映像の判断を要求するルールがあったり、野球でもホームランに関するビデオ判定は導入されており、映像技術の進歩・発展にともなって、微妙な判定や明らかな誤審に関する問題は今後も出てきてはその時々の様々なメリット・デメリットを判断して調整・論議されていくかとは思いますが、良し悪しあって、簡単には言えない。
個人的には少なくとも球審に限っては、「あー、今日の審判はそこストライクかー」とか、見るの好きですけど。
あとこの件について、ダルビッシュTwitterに質問があったり、またダルビッシュが律儀にそれに答えたりしているようですが、好き嫌いとはまた別に、ダルビッシュは立派だなぁ。