はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『岳』、映画公開

改めて、原作マンガは非常にお薦め。

岳 (1) (ビッグコミックス)

岳 (1) (ビッグコミックス)

山岳救助ボランティアを主人公にした、丁寧な造りの正統派ビッグコミック漫画。
それは何かと問われると難しいのですが、物凄く、ビッグコミック
『MASTERキートン』が好きだった方などに、お薦めしたい。
形も、基本、1話完結なので、読みやすいです。
10巻越えてからはさすがにそうでもなくなってきましたが、周辺セミレギュラーの掘り下げを、潔くあまりしないのも、個人的には好き。
あとこのマンガの良い所は、あくまで“山”のマンガである事。
山岳救助をメインの軸にしているものの、「山岳救助の活躍を描くマンガ」ではなく、「山のマンガ」。
その事が、物語全体に、いい深みを与えています。
難を言えば、1冊の中での死人発生率が高いので、あまりテンション低い時には、読みづらい事ですが。
こういうマンガの連載続けて育てられるのが、ビックコミックオリジナルの伝統芸。