はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

集計いろいろ

作家別所持冊数(共著含む)ベスト10。

1位 アイザック・アシモフ 30冊
2位 ロバート・A・ハインライン 23冊
3位 フィリップ・K・ディックエドモンド・ハミルトン 21冊
5位 アーサー・C・クラーク 20冊
6位 ポール・アンダースン 18冊
7位 フランク・ハーバート 17冊
8位 ラリィ・ニーヴン 15冊
9位 ジェイムズ・ブリッシュ 13冊
10位 レイ・ブラッドベリ 11冊

アシモフが、思ったよりも差をつけてトップ。<科学エッセイ>シリーズ5冊を含んでいますが、それを含めなくてもトップ。ついでハインライン。次にクラークが来たら見事にビッグ3が揃い踏みでしたが、僅差でディックとハミルトンが割ってはいる形に。ハミルトンはほぼ<キャプテン・フューチャー>シリーズオンリーです。しかも、創元の新装版と早川の旧版と二重にカウントしているので、少し、公正を欠くかもしれない。なぜ旧版も後生大事に取ってあるかというと、水野良太郎氏のイラストが素晴らしいから! これに尽きます。ディックは定期的に出版ブームが来る作家な為か、割と翻訳点数が多く、比較的入手しやすいのが強み。出版点数自体、ビッグ3に比肩しうる唯一の海外SF作家ではないかと(あとブラッドベリか?)。
アンダースンは大好きで、かなり意図的に集めた作家。ハーバートも、ほぼ<デューン>シリーズのみ。
全く予想外だったのは、ジェイムズ・ブリッシュ。まさか<宇宙大作戦>が、9冊もあるとは……(笑)
そして、早川vs創元……!
早川 342 冊
創元 120 冊
さすがに早川書房が強かった。