はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

昨日はファミコンの日だった

いきなりファザナドゥをやりだした人のプレイを後ろで見ていました。
1987年にハドソンから発売の、サイドビューのアクションRPG。
日本ファルコムのPC用ゲーム『ザナドゥ』の移植……だとずっと思っていたのですが、ライセンス製品ではあるものの、内容は別物、という事。『ザナドゥ』はもっと、えぐいゲームらしい。
裸一貫(皮の服と素手、HPは最大値の10分の1ぐらい)の主人公が久々に故郷に帰ってくると、街が荒れ果てており、いきなり王様に呼び出されます
勇者か、勇者なのかっ?!
で、泉が枯れて大変だから何とかしろ、と言われます。
街の人に話を聞くと、あちこちで「邪悪なドワーフどもを、ぶち殺せ」と言われて怖い。
とにもかくにも王様から貰ったお金でショートソードを買った主人公は、冒険の旅に出るのでした。
あと、最初の道具屋でショートソードと一緒の棚に普通に並んでいる魔法を買っておかないと、にっちもさっちもいかないので注意。
なんか重要な消費アイテムが普通に道具屋の棚に並んでいるのが怖いゲーム。
アクションなどはシンプルなのですが、音楽が非常に格好良くて楽しい。