はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『タイガー&バニー』20話感想

未だかつて無いぞんざいな作画で、久々に出てきたヒーロー達が実に可哀想でした。
今時はDVDで修正されるのかなー(笑)
“正体を隠しているヒーロー”という設定を逆手に取って、一部の人間の記憶を改竄するだけで情報操作が出来るという展開はお見事。これで、裏表に通じているルナティックさんがスムーズにキーパーソンになってきますし。
ただ、20年間騙しおおせたとはいえ、バニーの記憶も証言と写真1枚でほころんでしまうようなものなので、バイソンさん辺りを誤魔化すにとは相当改竄しないといけないと思うのですが……
は?! ここからまさかのバイソンさん回?!
親友スキルの発動でいちはやく記憶を取り戻したバイソンさんとの逃避行、最終盤でまさかの、 『タイガー&バイソン』


そ、そういう事だったのか!!
「ハーイ! タイガー&バイソンの、胸毛の濃い方、バイソンです。やっぱり男は肉だよなぁ、牛角最高! 来週のタイガー&
バイソンは、「タイガー、里帰りする」「バイソン、焼き肉デート」「そのドリルは明日の為に」の3本です、see you!」



……うん、多分、ない。それはない。書いていて無いとは思う。
まちょっと覚悟はしておけ。
あとタイガーさんは、例の変装マスクをつければ大丈夫なんじゃないか、という気がしないでもない(笑)
それにしても、ただでさえ職業不定な上に堅気の感じではない父親が、殺人で指名手配された娘さんは可哀想すぎますが、予告を見る限り、終盤にかけて出番増えてくるのかなー。しかしこうなるなら、1クールでも、もうちょっとこまめに娘さん出しておけば良かったのに。
作画はあんまりでしたが、きちっとアクションも入ったし、先週までの下降線を払拭する展開ではあり、終盤に向けてまた楽しみになって参りました。
顔を出したウロボロスが、凄く安っぽい黒服だったのは気になりますが。
まあラスボスは、「これが私のもう一つの能力だぁぁ」って、100万パワーを発動して強化スーツに身を包んだマーヴェリックさんとかでもいいですが。