はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『超新星フラッシュマン』感想4

#5「女戦士に御用心!」
道路を暴走する冷蔵庫とそれを追いかける白バイというシュールな映像からスタート。
たまたまそこに居合わせた、自動車で(免許持っているのか?)地球見学中のサラ(イエロー)とルー(ピンク)は、冷蔵庫を捕まえるのに協力する。
走る車から走る冷蔵庫へとジャンプするルーとか、よそ見していて瓦礫につまづいて白バイから振り落とされて空中一回転する警官とか、無駄アクション満載。
サラとルーにときめき、頭の中が春の警官に名前を聞かれ、「名字は?」「名字って何?」などとやりとりしている内に、再び暴走を開始した冷蔵庫。ドアで攻撃してきたり、中の食材を打ち出してきたりと、まさかのアタック・オブ・キラー・冷蔵庫!
そこへ現れるメスの係長軍団。
仲間を集めようと呼びかけるが……なんと男達は、新幹線で地球見学中だった!
「大変なんだ!」
「止めてくれ!」
「名古屋まで停まりませんよ」
「名古屋ってどこ?!」
と、激しくシュールな展開。
ここまでやってくれると、突き抜けていて面白い。
結局、ピンクとイエローの二人でメスを撃退に成功するも、今回のメスの作戦はこれからが本番。機械原子の間に潜り込んで、機械を自在に操る獣戦士の力を使い、民家の家電を暴走させるメス。そこへ駆けつけたサラとルーを窮地に陥れるも、ゲストの警官がパトカーで助けに来て、3人はその場を逃走。
引き続き、頭が春の警官は、「このままドライブへ行きたいなぁ」などと宣いだします。
この時、サラが助手席で、ルーは屋根の上とか、ホント酷い(笑)
ところが、獣戦士が既にパトカーの中に入り込んでおり、一転再びピンチに。しかしその時、新幹線から降りられなくなっていた男達が、マグの操縦するスターコンドルで駆けつけた!
最後はフラッシュキングに獣戦士が取り憑くも、機転を効かせたレッドがスターコンドルでフラッシュキングを攻撃させ、たまらず獣戦士が分離した所を必殺剣で成敗。
全編ギャグ回の反面、今回はアクションに凝っており、全体的に見せ場たっぷりでした。
あと、羽男が謎の光線を出せるようになって、ちょっと強くなった。
ラスト、戦い終えたサラとルーが警官に声をかけると、戦いの最中にルーが空を飛んでいたのを見た警官は、「化け物だぁ」と叫んで逃走。……けっこう、ギャグにならないレベルで酷い。「いつかわかってくれるさ」で済まないような気も。
そこからナレーションで、「いつか本当の名前のわかる日がくる」と、最初の名前ネタに絡めてまとめた所はなかなか。
この辺り、フラッシュマンアウトサイダーな所を突っつくようなネタは、後でシリアスに来るのかなぁ、来たらちょっと面白い気もするわけですが。