はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

というわけで勢いで『超電子バイオマン』(劇場版)を見た

残念な作品でした……。
そも、この手の劇場版は「お祭り映画にしなくてはいけない」「かといって物語上の重要な話をできるわけではない」「作る側が尺(今作は45分)に慣れていない」と悪条件が並ぶのであまり出来に期待するものではないのですが、それにしても残念な出来でした。せめて脚本が話の内容をもう少し盛ってくれれば良かったのですが、TVシリーズ同様のワンアイデアもので、とにかく尺稼ぎのための戦闘シーンが長すぎ(もしかしたら、戦闘シーン○分以上! と注文つけられていたかもしれませんが)て、今回の東映公式配信で初めて、途中で心が折れそうになりました(笑)
これも世代的にど真ん中作品なので、久々に見たジューノイドとかビッグスリーとか、懐かしかったけど。