はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

男達の肖像

過日、『タイガー&バニー』の話が出た際に「スカイハイは残念なイケメン」という話になったのですが、よく考えると『タイガー&バニー』の男性陣はみんな残念な気がしてきた。

  • タイガー → 人間 社会人として残念
  • バニー → 極から極に走りすぎて残念
  • スカイハイ → 物を考えてなくて残念
  • 折紙先輩 → スペックが無駄遣いで残念
  • ファイアー → 女子なので競争除外
  • バイソン → 存在が残念


……こう考えると、私が今作に対して感じる若干の物足りなさの要因の一つは、いい男の不足にあるというのが見えてきた。
折紙先輩はあと10年ぐらい磨きをかけるといい男になる可能性を所持しているのですが、明らかにそもそもキャラ造形の志向が残念キャラなので仕方がない。
あと、カラオケで聞いた2クール目のOPが意外と耳について困っている。
何が困るって、あの歌を聴くと、スマートフォン(?的なもの)を手に二人でいちゃついているOP映像が同時に脳内に再生されるのが困る。