はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『牙狼 MAKAISENKI』見てみた

前作は見ていないので、知っている事は

ぐらい。
続編という事で、作中での細かい設定説明は一切無かったですが、まあなんとなく、各キャラのポジションはそれなりにわかる感じ。
雰囲気としては、雨宮meets菊地秀行
今回に関しては、ゲストキャラの竹中直人が卑怯すぎて、脚本とかに関しては評価不能。Aパートほぼ、ヤクザに捕まった竹中直人が騒いで暴れてるだけで話が成立してしまうのは、ずるい(笑)
アクションが激しくなると、そんな竹中直人の頭部が微妙に小さくなるのですが、映像技術が発展しているので、吹き替えとの繋ぎがスムーズで感心。あまり、巧夫的なアクションはツボではないのですが、横山誠(アクション監督)が、TVシリーズとしては相当頑張っているのは、わかる。その分(?)、変身後は、けっこうぞんざいですが。旧来の特撮的な大雑把さというか。
最後に、謎の男に掌底くらって、背後の壁に紋章の跡が残る演出は格好良かった。
一応それなりに楽しめたので、次回も見てみる予定。