はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『電磁戦隊メガレンジャー』感想12

第22話「ぬけ出せ! 悪魔のラビリンス」
くぐったものを別の場所へと飛ばしてしまう、“ネジレの扉”。アリジゴクネジレが首都圏に作り出した数千のネジレの扉により生活は混乱、その力を更に強化するネジレクリスタルを巡る戦闘のさ中、ブルーとピンクも飛ばされてしまう。通信電波が届かず、変身不能となった瞬とみく。みくが奪ったネジレクリスタルを追いかけ、姿を現したアリジゴクネジレから逃走する二人だが、ネジレの扉で次々と様々な所へと飛ばされてしまう。
つまり、魔空空間(笑)
こういうのは映像さえ面白ければスラップスティック的に成立するのですが、いかんせん、最近『ギャバン』の見すぎでマヒしてしまったネタの為、心がぴくりとも動かない(笑)
いや、出来が悪いわけではないのですが、タイミングが悪すぎた。
まあただ、異空間へ飛ばされたわけでもなく、通常空間から通常空間へとネジレの扉経由で飛ばされているだけなのに、変身できないのはおかしくないか? とかあるのですが。あと、逃走中に海に落ちているのに、手にしていたノートパソコンが無事に動いたり。大きさの割にやたら高性能っぽいので、アイネットからのリース品で凄く強力な防水機構がついていたのかもしれませんが。
しかしホント、せめてこの回だけでも、前回と入れ替えられなかったのかなぁ……今週のロボット戦は、浴びせ倒し→マウントポジションでたこ殴り→叩きつけギャラクシーメガが圧倒しつつも、ネジレの扉を使って逃げ出したアリジゴクネジレを追いかけた所で罠にはまり、動きが取れなくなった所をデルタメガが助けに来る、という展開で、ギャラクシーメガを無理に弱体化する事無く第2ロボを出す、という点ではスムーズだっただけに、こういう、ロボ戦でデルタメガが最後に軽く助ける、を2回か3回ぐらい挟んで、敵に奪われたデルタメガを取り返して超電磁合体! の展開に出来ればもう少し盛り上がった筈なのになぁ。