はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

新番組2周目

◆UN−GO
雰囲気は嫌いではないのだけど、1話に、あれやこれやと詰め込みすぎて、忙しくなりすぎた感じ。ミステリというのは、「謎」が呈示されてこそ成立するのですが、尺の都合で大して「謎」にスポットが当たらない内にどんどん話が進んでしまい、推理そのものが非常に浅薄に。話のメインはそこでは無いのでしょうが、しかしそこを軸にしないと、見ていてピントが合わせづらい。それ以外のシーンが別に面白かったわけでもないですし。
脚本にしろ登場人物にしろ、こういう背景や心理を読みとって欲しいんだろうなぁ……というのは何となくわかるのですが、あまりに言葉足らずにすぎ、もう少し丁寧に造ってくれないと、アニメの世界に入れない。
あと、出てくる女性キャラが次々とやたらに馬鹿っぽいのはいただけない。とりあえず主人公に突っかかってくる、というキャラ造形は安すぎる。
一応、保留。
ギルティクラウン
あー、なんか、こういうのを、楽しく見られなくなってアニメ見なくなったのだよなぁ、という、苦手分野の香り。いや、こういう物語構造自体は永遠でいいと思うのですが、自分がそういう所からずれた、という事だと思う。何かの拍子にはまれると楽しいんだろうけど、周辺キャラ次第かなぁ。
主人公の、人付き合いの不器用な僕、の独白でちょっと引く。
あと、あのシチュエーションであやとりの方が気になる思春期男子は、不能だと思う(おぃ)
◆ラストエクザイル〜銀翼のファム
割と面白かった。空戦がもうちょっとわかりやすいと尚良かったですが。巨大艦が若干迫力不足な為、大型の船に小型の船で立ち向かう部分のインパクトが少し弱い。シンプルに主観視点で見せて良かったかと思いますが、次回予告がちょっとそんな感じでしたけど。まあ、これからもっと色々ごついのが出てきそうなので、控えめにしたのかもしれませんが。アバンタイトルの主人公のキャラ演出は秀逸、左上に何故かずっとタイトルが出ているのが残念(^^; 本編中ずっと出っぱなしだったらどうしようかと思いましたが、消えて良かった。
公式サイトでOPを歌う坂本真綾のインタビュー記事読んだら、作詞に際して脚本を最終回まで読んだそうで、もう最後まで脚本が出来ているという事に驚いたのですが、今時の1クール?アニメだと(特にオリジナル作品)、そのぐらい造っておかないと企画通らないのかなぁ。