はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『超新星フラッシュマン』感想16

第25話「急げジン合体不能
冒頭からサブタイトル呈示、のっけから戦闘、とちょっと珍しい展開。
受けた攻撃エネルギーを吸収してパワーアップする獣戦士ザ・ダピラスが登場。一度倒したと思ったのも束の間、強化復活して大騒ぎ、という話。
戦闘中の出来事から獣戦士の死に疑問を持ったジンが単独で偵察に言っている間に、別の場所に現れたザ・ダピラスが巨大化。「4人だとスーパーコスモフラッシュが使えない!」とピンチに陥るのですが、
そもそも独断専行で偵察に行ったジンが悪い
とか
そのくせ何故いつまでも変身しないのか
とか
メス側の作戦がはまったのでも何でもなく、フラッシュマン達が勝手に自分で首を絞めているだけなので、盛り上がりはいまいち。
あと、全体的に合成がいちいち変なのも凄く気になる。
めずらしく、巨大化獣戦士vs戦闘メカ、という構図なのですが、そこの合成がとにかく変。
全体的に、フォローできない滑り方。
唯一、今回の獣戦士が会心の出来だったのか、大博士のテンションが終始高めなのが面白かったです。
最後、ジンが合流して放たれたスーパーコスモフラッシュをザ・ダピラスが白刃取りして、エネルギー吸収。
「勝った!」
ところがその後、エネルギータンクの役目を果たしている背ビレを破壊されて、ダピラス大爆発。少々詰めが甘かった……しかしまあ、出来ればこういう時こそ、2号ロボ使ってほしいのですけど。『フラッシュマン』は折角ロボが2台揃い踏みなのに、使い分けにドラマが全く無いんですよねぇ……勿体ない。


第26話「宇宙カボチャ料理」
マグの作る宇宙料理(見た目はイクラ一粒)に我慢ならなくなったフラッシュマン達は、おいしい食事を求めて、各自、街に繰り出す事に。「スイート・パンプキン」という大行列の出来た店を見つけたルーは、そこへ入店してみる事に。
ところがそこは、獣戦士ザ・グルメスが調理した宇宙カボチャを振る舞うという、メスの作戦拠点であった!
グルメスの手による宇宙カボチャ料理を食べた人間は、しばらく後にカボチャ人間になってしまうのである。
凄い渋い声で、宇宙カボチャについて説明する部長。
大帝ラー・デウス 「おもしろい。人間どもをみんなカボチャ人間にしろ!」
……ハードル下がってきたなぁ、社長。
今回はネフェルさんばかりか、ウルク・キルトも、ウェイトレスコスでサービスサービス。
味付けの秘密を知りたいと厨房に入ろうとして追い出された主婦が落とした手帳を拾ったルー。「料理が下手なので家族においしい料理を食べさせたくて……」という彼女に協力して裏からこっそり厨房を覗こうとすると、そこにはメスの獣戦士の姿が!
「早く逃げるのよ!」
と叫びながら何故か厨房へ突入する二人。
「やれ!」
と言いながら小麦粉を浴びせてくるネフェル。
と、しばしドタバタバトル。
仲間も駆けつけ、主婦の家まで逃げる事に成功したルー。
いったい今何時なのかはわからないが、主婦の家では机の上に大量の料理が並んで子供達が嫌そうな顔をしていた。それを見て、勝手に料理をつまみだすルーは、大絶賛。天麩羅を口にしながら、
「これはなんという料理?」
「ただの家庭料理です」
……て、うわー、なんか嫌な感じ(笑)
その頃街では、人々が次々とカボチャ人間に変貌していた。しかし、「スイート・パンプキン」で食事をした筈の主婦とルーには全く変化がない。その事を知ったネフェルが主婦を分析しようとグルメスを差し向けるが、机の上の味噌汁を浴びせられて恐慌をきたし、グルメスは逃げ出す。
それを見て、ルーと主婦がカボチャ人間にならないのは、この味噌汁を飲んだからではと、結論づけるフラッシュマン達。
いったいどんな味噌汁だ
サー・カウラーがコック姿で登場したり、コショウを浴びてくしゃみをしたり、と、どたばたバトルは続き、グルメスを倒した後に、カボチャ人間達に謎の味噌汁を注射すると、元に戻って大団円。
一連の騒ぎを見て料理に目覚めたマグは家庭料理を作ってみるも、味はいまいち。しかしルーだけは喜んで「おいしい」と食べるのでありました。つまりルー、味覚音痴
料理が下手な筈の主婦の作ったものを美味しい美味しいと食べていたのはそういう理由でありました、というオチ。結果、変に自身を持ってしまった事で、主婦の家の子供達が可哀想、と。
そして本当に、あの味噌汁には何が入っていたのか
正直、『フラッシュマン』はそろそろ、再テコ入れが欲しいなぁ……。
半年やって、メインの5人が割とどうでもいい、というのが少々きつい。むしろ、メスの面々の方が面白い。特に、ネフェルさんと、サラ・ルーの戦闘力の差が、如何ともしがたい。