はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『JESUS 砂塵航路』10巻、感想

JESUS砂塵航路 10 (10) (ビッグコミックス)

JESUS砂塵航路 10 (10) (ビッグコミックス)

前巻で非常にわかりにくかったクロスオーバー・チェチェン編ですが、今回の後編ではジーザスにスポットが集中した事もあり、わかりやすい展開に。
特に、“ジーザスの物語”を繋ぐピースが描かれたのは良かった。
そしてクロスオーバーキャラを描きにくそうにしていた藤原さんが、書き慣れてきて何か掴んだのかそれとも何か開き直ったのかはわかりませんが、土方護(現在バージョン)を描くのに楽しみを見出してきたようで、これは大きい(遥はまだ手探り感ですが)。
UAVの前に立ちはだかるブレードは格好良すぎ。
後半の対決シーンも、非常にいい感じになりました。
あと、久々に本職で出番のあった萌えキャラカイザ先生が、満足げで良かった(笑)
あとがきでは「物語も後半戦に突入したということだ。」と書かれており、ある程度、終わりへの道筋が見えてきたようで、それにも安心。……とか書きつつ、今巻でも風呂敷が少し広がっていますが(笑)
今回出てきた、シリーズを繋ぐテーマの線は非常に良い感じだと思うので、後はとにかく綺麗にまとまるといいなぁ。
ところでちょっと気になっているのですが、突っ込んではいけないのかもしれませんが、土方さんの刀の鞘は『死がふたりを分かつまで』ではどう処理されているのでしょう。藤原さんはなんかもう、時空間の狭間に片付けてしまっている感じですが。それとも、折り畳み式でジャンパーの裏に隠せる設定だったりするのかとか、気になる。時空間の狭間だったら狭間で別に構わないのですけど。