はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『海賊戦隊ゴーカイジャー』39話感想

ひっそり楽しみにしていたメガレン回。
まあ、こんなものかなぁ、と。
メガレンは多分、35大戦隊の中でもトップクラスに“地味”な戦隊なので、普通にやったら学園に入れて制服コスプレしかなかろう、と。ゲストキャラの役が先生なら、耕一郎(黒)でも良かったかとは思いましたが。耕一郎だったら多分、ヒーローとは何かの特別講習の果てに、ブルーと筋トレについて意気投合。健太はまあ、猿ネタが輝きましたが(笑) 出来れば原典に参加していた荒川稔久に脚本を担当して貰いたかったところですが、最近書いてないのは、来年の映画&新戦隊の仕事に入っているのかな?
メガレンジャー』は“青春”とか“学園”を建前にしていますが、その真骨頂は“中年”と“巨大ロボ”にあるので、扱い難しい(笑) 個人的には落ちぶれて焼肉屋の片隅で酒飲んで酔っぱらっている久保田博士が立ち直るエピソードとか見たかった……!(おぃ)