はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2011年を振り返る:特撮編

今年は、東映公式YouTube開設! という大事件に、ある意味、振り回された年となりました。14作品2話ずつ配信という鬼畜仕様のお陰で、毎週大変な事に。
見ているだけにすれば良かったものを、つい勢いで感想なんて書き始めてしまったものだから、ますます大変な事に。
すっかり特撮ブログになってしまいました。
あれで割と時間かかっていたりするので、感想まで書いていなければ、もうちょっと楽だったんですが(^^; ただ、一人で抱え込むには苦しい勿体ないネタが多すぎる! という事で、まあ、後悔も反省もしていない。
途中で一度まとめようかと思って面倒くさくなってやっていませんが、各作品、完結の際には個人的な資料としてもまとめておきたいかなとは思っています。
しかし本放送を見ていたので当初見る予定の無かった『電磁戦隊メガレンジャー』について、がっつり感想まで書くとは思いませんでした。いやぁ、自分が思っていたよりメガレンが好きだった事には驚く(笑)
あとは我が最愛の戦隊レッド・オーレッド/星野吾郎が出てくるという事で、『海賊戦隊ゴーカイジャー』を見ました。去年まで色々と忙しかったりなどあって、現行の戦隊シリーズをちゃんと見るのは久しぶり。吾郎ちゃんが10年以上経っても吾郎ちゃんで素晴らしかった。その流れで、『ゴーカイジャー』は途中からですが継続視聴中。DVDデッキを手に入れた、というのもありますが。
来年は、まあ、来年次第。
少し忙しさが戻る予定なので、理性としてはあまり本格的なのはしたくないのですが、提供されるネタ次第では、ネタを消費しろと叫ぶ自分の両腕に逆らえないかもしれない、まちょっと覚悟はしておけ。
見ている作品がどれも完結していないので、ベスト作品に変わって、今年の名台詞・特撮部門という事で、
「フラッシュ星、本当に酷い星だった……」
(レッドフラッシュ/『超新星フラッシュマン』)
台詞だけだと微妙にニュアンスが伝わり辛いかもしれませんが、主人公が本当に厭そうな顔で前話のOPで住んでいた所をぶったぎるという、衝撃の台詞。
あの表情が、忘れられません。
そしてベストキャラとして、愛すべき中間管理職
ハンターキラー
(『宇宙刑事ギャバン』)
決め手は、ずっと見せ場を待っていたのに、来なかった事(笑) そして、後任があまりにアレだった事。