はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大河ドラマ『平清盛』1話を見た

番宣が割と面白そうだったので、久々に真面目に大河ドラマを見てみました。
けっこう面白かったです。とりあえず、2話も見たいかなと思うぐらいには。
難を言えば、もう少し導入の所で、“武士”とは何か“貴族”とは何か“平氏”とは何か“源氏”とは何か、というのを説明しても良かったとは思います。どこまでを常識と教養の範囲と見定めるかは難しい所ではありますが、歴史物はもはや物語としては、そういった世界観の説明から入っても良いのでは、と思う。
そこから入らないと、劇中における“武士の矜持”へのこだわり、みたいなものが今ひとつ伝わってこない。
アバンタイトルが頼朝の視点で、武士の世の基点となった平清盛を振り返る、というような構成で入ったので、とすれば、権力構造の解体と構築の物語の大前提となる部分はもう少し丁寧に描いても良かったのではないかなーと。
あと、ナレーションが頼朝で進めるようですが、語りを担当するには、ちょっと役者の声のパワーが足りないかなぁ。物語が重厚路線なので、これも少し気になりました。
ラスト、父が海賊から奪った剣が、エクスカリバーになる、という演出は好き。