はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

新年アニメざくっと

1話見た時点での、今後の予定。
一抜け……『モーレツ宇宙海賊
様子見……『アクエリオンEVOL』『輪廻のラグランジュ』『BRAVE10』
脱落……『戦姫絶唱シンフォギア
−−−
笹本祐一×佐藤竜雄の『モーレツ宇宙海賊』は個人的に本命だったのですが、十分に楽しめそうな出来で、この先が楽しみです。
以下3つは、とりあえず2話も見てみる予定。
アクエリオンEVOL』は、前作の知識は『スパロボZ』のみ(^^; 前作は率直に好きでない感じだったので1話だけ見ておくか、ぐらいのつもりだったのですが、意外と面白かったです。半端な品の無さをネタとして仕込んでくるのは、やはり好きではないのですが、珍しくキャラデザのラインも割と好みだったりするので、様子見。……主人公は、横島忠夫の末裔か何かなのか?
『輪廻のラグランジュ』は、女学生もの+ご当地もの、と流行りの要素を前面に押し立てた上にサービスシーン満載で、オリジナルロボットものの企画を通す為の関係者の血を吐くような声が聞こえるような聞こえないような。話はこれからどう転がるか次第として、戦闘シーンのカット割りが下手くそな怪獣映画みたいなのが凄く気になりました。
『BRAVE10』を見て改めて、主に男性向けのベタ展開よりも、主に女性向けのベタ展開の方が順応できる、という事に気づく(笑) たぶん私の中で、テンプレ美少女キャラよりも、テンプレ二枚目キャラの方が、許容できる範囲が広い。というわけで、いい声した二枚目が続々出てくる展開には割とニヤニヤできるのですが、コンテの問題なのか作画の問題なのか、トンデモバトルを前提にしても、剣を振る、とか、銃を構える、とかをあまり勉強した感じのない画が、今後の不安要素。
シンフォギア』は別に面白くなかったわけではないのですが、特にどうしても見たいという程でもなく、他作品との兼ね合いによる数量的問題により、すぱっと脱落。
新作以外に『ペルソナ4』がありますし、『銀翼のファム』も『UN−GO』も録るだけ録って貯めっぱなしなので、無理しない。
あと『Another』をチェックすれば終わりかな……?