はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

孤独と狂気と妄執と

◆kanataさん
50話のいい所は、ヒネラーとシボレナ・ユガンデが、お互いを思っているが故にすれ違う、という、悪の組織の連中の話の筈なのに、完全に“悲劇”として構成されている所かと思います。で、それが、人間関係において後一歩を踏み込めなかった、“孤独にならざるを得なかった天才・鮫島”という、最終回そのものへの伏線になっているのかなぁ……とまでいくと、少々、綺麗に解釈しすぎですけれども(笑)