はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ロボット魂

◆kanataさん
 >竜也の不安は的中すると、タイムレンジャーの本業そのものが危機に晒されますからね……
タツヤにそこまでプロ意識を要求するのは酷ではあるのですが、そーいう意味では、アヤセさんがどうなのかという感じで、未来人の男3人は、一応テスト受けて?時間保護局に入っている筈なのに、(研修期間?だったとはいえ)非常にプロ意識が薄いんですよねー……
時間保護局は人手不足でけっこういい加減なのではないかという気がしてきた、今日この頃です。
 >シオンの修理屋もまだ、どうなっているか描写されていなかった気はしますけど。
たまに背景で時計とかいじっていたりするので、シオンはなんとなく仕事来ているっぽいですねー。
あと最近のシオンにはなんか、手に職があるからタツヤさんとコンビを組めば僕一人はこの時代でも生きていけそう、みたいな余裕が窺われる気がして仕方ありません(笑)
 >やはりドラマの演出として、リアルタイムのカウント同期は無理がありすぎたのでしょう(汗)
やってしまったからには、一度しっかりシナリオに絡めて使ってほしかっですが、どうもゴーバスはその辺り、ちぐはぐで残念。
◆gariさん
 >ロボ戦をメインに据えてるからその良さがスポイルされて、その結果肝心のロボ戦まで
 >魅力を失う、と言う悪循環に陥ってる気がします。
結局、ドラマ部分の前振りが足りないので、ロボット戦も盛り上がらないんですよね……。
ゴーカイも戦闘シーンの尺が長めの時が多かったので、そのノリでロボ戦も行けると踏んだんですかねぇ。
やりたいコンセプトはわかるし、企画の方向性としては間違ってないとは思うのですけど、肝心の作り方がなんともかんとも。