はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

俺とガンダム

『第二次スーパーロボット大戦Z〜再世篇〜』発売に合わせて、バンダイチャンネルで参戦作品の幾つかを5話まで無料配信しているので、動いて喋るとどんな感じなのかと、『ガンダム00』2ndシーズンを2話まで見てみる。

  • ロシアの荒熊さんが七三分けで、軽くショック。
  • 若い娘と同居中の荒熊さん、何やら因縁ありそうな息子に「不潔、おまえに喋る事なんかない」(意訳)と言われる。
  • ゲームの顔グラが凄く適当な感じで可哀想だったピーリスさんが、アニメだと割と可愛い(4年後だから?)。
  • 第1シーズンから4年経っているらしいので、平均年齢がやたら高そうなアニメだ。
  • ……酔っぱらいのお姉さん、三十路突入?
  • 同居していたメガネからは不幸の匂いしかしない。
  • あんなに酒代を貢いだのに、若いツバメにさらわれた……!(多分、色々違う)
  • 当座の敵の部隊長(多分、あと数話のうちに死にそう)の声が稲田徹で、個人的に盛り上がる。
  • それにしても、水島精二はいつ見ても、あまり演出が巧くない。

『第二次スパロボZ』の顔グラフィックは、あまりにアップであまりに情報量が少ない為、本編見ておくとイメージが補完できるので、助かる。『コードギアス』も、ちらっと見ておこうかしら。