はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

原と谷の屈折した愛憎

ジャイアンツ、宮國の好投と、13安打5得点で、ようやく連敗ストップ!
〔巨人救った19歳・宮国 槙原以来29年ぶり10代初登板初勝利!/スポニチアネックス〕
〔2番・谷が起爆剤!今季初先発で3安打/スポーツ報知〕
特に今季初スタメン起用となった谷佳知が、鬱憤を晴らすかのように5打数3安打2打点の活躍。
是非このままスタメンに定着して、2000本安打(残り142本)へ邁進していてほしい所です。
ボウカーが公式戦入って不調で、代わった谷が大当たりした所で言うのもあれですが、ボウカーの良し悪しと関係なく、やはり編成的にボウカーの獲得はおかしかったと言わざるを得ません。
昨オフの時点で、外野は長野(基本レギュラー確定)をはじめ、高橋由・谷・矢野・亀井・鈴木尚・松本・大田、1軍半まで入れれば隠善に加治前まで居たわけで、多少の怪我やスランプはあっても充分に回せるレベル、少なくとも、これだけのメンバーがそれなりの成績を残せる確率と、新外国人が大当たりする確率とで、後者に賭けるにはベットとオッズ的にリスクが高すぎます。
これはボウカーの当たり外れと関係なしに、編成上のバランスの欠如であり、戦略ミス。
原監督は“よりレベルの高い競争を”と口にしていましたが、そもそも必要な競争なのか、という疑問があります。
特に外国人選手の場合、各方面の顔を立てないといけない事情もあり(去年も明らかに、そういったものを感じさせる起用が目立った)、ある程度の我慢をしないといけないというのが、チーム全体に良い影響を及ぼすとも思えません。
今後まだボウカーが大爆発する可能性はあるかと思いますし、チームを救う事もあるかもしれませんが、無理にこだわる采配はしないで欲しい所。
火曜日に右投手だったら、あっさり谷がスタメン外れそうな恐怖はありますが(^^;
ここ2年ぐらいの原の谷の使い方は何ともよくわからなくて、お互いに嫌い合っているのかと勘繰りたくなるほどなのですが、去年後半(前半は確かに良くなかった)、統一球に対応して打率を上げてきた後も、レギュラー半みたいな扱いでスタメンには定着させず、かといってどんなにスランプでも基本的に2軍には落とさない(去年とうとう一度だけ落としましたが、すぐに戻している)。まあ、長く1軍に定着していた選手は2軍への落とし時が難しいという事情もあるでしょうが、かといって上での使い方も中途半端。なんだかもはや、屈折した愛情さえ感じるレベル。
やはり代打というよりはスタメンで力を発揮する選手だと思うので、なるべく、状態いい時には使ってほしいものなのですが。
来週火曜日、どんな打順を組んでくるのかは、注目。
そして宮國は非常に良かった。
期待が集まるだけの事はあります。
ゆるめの変化球で勝負する投手なのでコントロールが乱れると厳しい時がありそうですが、うまく育ててやってほしい。
しかし、先日はゴンザレスも好投していたけど、東野の明日はどっちだ?!
腐らせておくわけにもいかないけど、中継ぎとかリリーフのメンタルという感じでないしなぁ……(^^;
ところで今、こんな凄い事になっているらしい。
〔異常!?完封率32% 「飛ばない球」の影響今年も…/スポニチアネックス〕
まあセリーグは、巨人と横浜がアレすぎる、という説もありますが……(^^;
なんかこの傾向が続くようだと、来季あたり「少し飛ぶ球」になりそうなような……。