はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『魔装機神2』(PSP)、始めました

前作のストーリー説明がほとんど無くて、かなり不親切。
DSのリメイク版か、同時発売の『1&2』パックやるの前提ですか。
記憶はSFC版(1996年)しか無いんですが、当然『スーパーロボット大戦EX』(1994年)の内容など、全く覚えていないのですが。
一番困るのは、メインキャラはともかく、十把一絡げ的な他の魔装機操者の前歴とか立ち位置がさっぱり思い出せない事。簡易的なキャラクター紹介ぐらいつけてほしかった。
一応、用語解説は会話中の赤文字をいつでも確認できるので、国名などは理解可能なのですが、中途半端。そもそもこの用語解説が、脚注的なものでお遊び要素が強く、例えば「ようそろ」とかを解説されても、テキストお遊びとしては面白いかもしれないけれど、他にもっとやる事がありませんか、と。
あとテキストそのものが、やたらに読めない漢字とか特殊な言い回しを多用して、格好いいつもりなのか雰囲気出しなのかわかりませんが、むしろ、痛い。封建主義的ファンタジー世界のちょっと古風な雰囲気を出したかったのかもしれませんが、一般的な漢字を使わずに、昭和一桁の小説でしか見ないような漢字を敢えて使う効果はどこまであるのか。所々なら良いとは思いますが、やりすぎ。
今回、制作がウィンキーソフトな為なのかなんなのか、全体的にシステム周りとか効果音とかが、妙に古くさいです。制作者のセンスがちょっと古いというか。最初どうかと思いましたが、これは慣れました。微妙に操作性に不満がありますが。《スパロボ》系は蓄積もあって出来も悪くないし近作はインターフェースの統一化が進んでいるので、これは素直に統一してしまえば良かったのに、とは思わずにはいられません。
売りであるリアル等身の戦闘シーンは、斜めに奥行きをつけた構図が面白く、またスピード感があっていいです。早いのがいい。
というわけで、バンダイチャンネルの合間に、のんびり進めています。