はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大トミノ祭:色々な1話を見てみよう2

◆『聖戦士ダンバイン
富野の愛するバイストン・ウェルの物語……という事でか、珍しく脚本段階から自ら書いているのですが、素晴らしくわかりにくい。何がわかりにくいかというと、キャラクターそれぞれの台詞、一言一言の背後に、言葉にならない行間が詰められすぎていて、ついていくのが大変。やりすぎ。加えて、世界観の背景に二次大戦が直結しているので、ますますわかりにくい。
前後の作品に比べると、わけのわからないギスギス感が最初から強くて、空気は好みではあり。
◆『重戦機エルガイム
ちらっとも見た事が無くて、世界設定とかもほとんど知らない作品だったのですが、1話は、キャラクターの顔が綺麗な『ザブングルでした(笑) 盗賊団のリーダーの声優が島津冴子で、主人公達がヘビーメタルを奪われそうになるとか、ほぼセルフパロディの世界。あと、デビュー2年目の本多知恵子(ヒロイン役)がビックリするほど下手だった(誤解ないように一応書いておくと、本多知恵子さんは、割と好き。だからビックリした)。
当時そんな物かもしれないけど、それにしても1話から作画も酷かった(^^;
−−−−−
こう見ると、『Z』1話の気合いの入り方というのは改めて別格。教練を積んだスタッフを揃えられた、というのもありそうですが。