はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ジーザス〜砂塵航路〜』12巻感想

JESUS砂塵航路 12 (12) (ビッグコミックス)

JESUS砂塵航路 12 (12) (ビッグコミックス)

迫るクライマックス、海江田先生、大活躍!!
かつてこれほどまでに、海江田先生が戦闘で活躍した事があっただろうか。
いや、ない。
もはや、死亡フラグにしか見えない勢い。
学園を舞台にメインキャスト勢揃いですが、敵側の目的の不透明さもあって、盛り上がりとしては、あくまで次巻へのつなぎ、といった感じ。
味方サイドが濃すぎる上に、キャラクターが多すぎて、敵サイドがどうしても弱くなりがち、というのも少し厳しい所。
完結まであと2巻(既に連載は完結済み。6月・7月にコミックス連続発売!)との事ですが、綺麗に畳み終わるのかなぁ……まあ、“蝶”の亡霊と“キングの遺産”と“最後の生徒”辺りは全部繋げて、みんなひとまとめ気味に解決してしまうのでしょうが、『死がふたりを分かつまで』と絡めて振ったネタはこちらでは解決されそうになく、他作品の主役級キャラを二人も放り投げられたままの『死がふた』サイドは大変そう。
台場巽辺りは凄く中途半端な絡み方になりましたが、ラスト2冊に出番をねじこむ余裕はあるのかしら。
まあ色々と不安もありますが、楽しみに完結巻を待ちたいです。