はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

色々考えると、もしかして:タツヤが悪い(あれ?)

Beniさん
 >確かにDVリフレイザーでとどめをさせば圧縮冷凍になりますが、滝沢にとっては使わずに撃ち殺しても同じことなので、
 >そこにタイムレンジャー側と認識のズレがあった、というのが今回の話ではないかと思います。
個人的には、滝沢が自分も圧縮冷凍を出来るというのを認識した上で、「でも俺には関係ないから撃っちゃうぜ」とならないと、「圧縮冷凍にこだわる」タイムレンジャーとのギャップがドラマにならないように思うんですよねー。
なので単に、「こいつら全然説明しやがらねぇけど事情があるみたいだからここは俺が1回妥協してやるか」みたいになってしまったかなぁと。
◆kanataさん
 >タイムレンジャー側からすれば直人の言動は、「圧縮冷凍を知っていながら殺人を望んでいる」ように見えたものかと。
恐らくタイム側からは、そういう感じなのでしょうね……まあ実際、その辺りの未来人と現代人のギャップにおいて両者の橋渡しをするべきタツヤが、浅見サイドに対する依怙地さからそういう事を怠っているのが問題だったりするので、そこまで読み込めば、良くできた筋と言ってもいいのかも。
 >直人の認識へ訴えたのが竜也でなく、シオンとラデスだったのは非常に上手いと思うのです。
確かに。“お坊ちゃんの綺麗事”以外の何かを感じたのだろう、という持って行き方は今後に向けて上手い引きになりましたね。