はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

火矢は最後の武器だ!

◆kanataさん
 >アマゾネス回Aパートの正しい粗筋は、だいたいこんな感じだったかと。
おお、これはありがとうございます!!
Bパートで「明子さんをそそのかして……」みたいな台詞があったので神谷と的場は最初から怪しげだったのかと思っていたのですが、そうではなくて、あそこの取引現場で、くるっと立ち位置が変わる役だったのですねー。地雷ショックと合わせて、それは面白い。
竜馬さんがアマゾネス相手に着化しなかったのも、純子さんがアクションで対峙したのも、やっぱり、絵の問題なんでしょうね(笑) メカの力で撃破すると、確かに感じが悪い。
 >純子さんも本来の想定としては、彼らと同等のポジションだったはずなのでしょうが……。
目立たないけどそれなりに有能、故にますます目立たない……嗚呼、悪循環……。
とはいえ、賑やかしのトラブルメーカー、というのは見ていてイライラする場合があるので、それをやらなかったというのは、作品のリアリティを守る上でも良かったとは思っています。後はホント、なんか個性があれば良かったんですが。
久子さんが、勢いでやたらに有能になってしまったのがなぁ……(笑)