はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ジーザス砂塵航路』13巻、感想

JESUS砂塵航路 13 (13) (ビッグコミックス)

JESUS砂塵航路 13 (13) (ビッグコミックス)

結局のところクロスオーバーって、あくまで友情出演の範囲にとどめるか、お互いがお互いを容赦なく殺戮上等、ぐらいでやらないと、強キャラと強キャラ同士の削り合いで、あちら立てればこちら立たずになるだけだよなーと。
更にそれを一人どころではない複数人で展開した結果、俺より強いやつを斬りにいくが負けたのは複数条件が重なっただけで本当の実力はこんなものではないがいや俺も殺る気では無かったし、みたいな最終的には敗北条件と勝利条件の押し付け合いみたいになっているのは、如何ともしがたい。
そして案の定、大雑把に片付けられたドクターは真剣に出さなくて良かったような。
一方、遂に姿を現したあの男の狂気っぷりは、これまでになかった感じで、かなりいい。
また、ジーザスの前に立ちはだかるタリクも、原典を踏まえた物語構造の中の立ち位置といい、いいキャラクター。
月末の完結巻が、楽しみです。