はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

頑張れソルジャンヌ

◆kanataさん
 >ソリッドステイツが致命的で、あの規模の移動要塞が出動しながら、ジャンヌのマシンを排出するのと火消ししか脳がないという……
 >その意味では、珍しく別の仕事を割り振った7話が意欲作となりましたけど。
そして電磁波は、バイクルとウォルターも探知できたという悲しい事実(笑)
ソリッドステーツは基本的に、出動→消火、だけなので、もうロボットの合体変形シーンみたいなものとして、玩具を売るんだ、と割り切るしかないと思っています(^^;
物語の場面場面に絡んでくる都合上、ジャンヌさんのぽんこつぶりは、非常に痛い。
前作の場合、クラステクターは超人・香川竜馬にしか使いこなせない、という事でヒーロー性を担保していたのですが、今回これなら、ジャンヌ不要で、岡山レベルで大樹の言う事を聞きそうなヤツを採用してブレイバー2台態勢でいい、という事になってしまいますしねー(^^;
そんなに、人格に問題のあるヤツしか居なかったのか、ブレイバー候補。
 >みんなを万能にしたせいで影の薄い人が出た、ウインスペクターの反省なのでしょうけど。
そう、踏まえた所までは凄くわかるんですよね(笑)
後はうまく、それを物語の中に取り込んでほしい所ではありますが、どこへ行くのかソルジャンヌ。