はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

人治と法治

◆kanataさん
 >当初と比べたらかなり面白くはなって来てるんですが、出発点や過程の一部が致命的におかしくてすっきりしない話が続きますね(−−;
正木が率先して法をねじ曲げすぎなんですよねー(^^;
本当は正木の役割は、現場が正義と理想の為にルールを踏み越えざるを得なかった時(命令違反してでも悪人の命を助けるとか)に、部下を守って責任を取る事であって、部下に積極的に法をねじ曲げさせる事ではないのですよねー。
構造として“法の番人”と“正義のヒーロー”のバランスを、正木と大樹で取らなければいけない筈なのですが。
 >永田や大樹の言動が見た目ほどに一貫できてないのは、そういう人物描写なんだと思えばむしろ面白いんですがー。
駄目人間を大樹が立ち直らせる話、としてはちゃんと出来ているし、悪くなかったんですけどねぇ。
もうちょっと巧く、無理な捜査手段を取らなくてはいけない理由に、こだわってほしかった所です。
id:wander_sheepさん
 >17話の永田は、レッドワン・郷史朗も演じられた阪本良介氏でしたね。
おお、駄目人間の割にはきりっとした顔の配役だなぁとは思っていたのですが、元ヒーローの方でしたか。
顔と言動は格好いいんですよね、ひたすら行動との辻褄が合わないだけで(笑)
そもそも殺しが嫌いな割には荒っぽい強盗団に所属しっぱなしで、要するに金が一番大事なんだなぁ……とか。
 >で、まさかこの話が「小さな犯罪」扱い?やっぱりこの世界は怖いところです・・・。
イメージとしては、軽犯罪を探っていたら大きな事件に……みたいな予告ナレーションだったのかと思うのですが、すぐに爆弾密造に繋がってしまったので、何が小さいのかわからなくなってしまったという(笑)