はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

東西でステイゴールド産駒が圧勝

〔【神戸新聞杯(GII)】(阪神)〜ゴールドシップ 人気に応えて完勝/競馬実況WEB〕
勝ち馬が強かったですが、一緒についていって、マウントシャスタも抑え込んだロードアクレイムが見事な好走。
マウントシャスタは直線あれだけよれよれしながら伸びてきているのだから、能力はあるのでしょうが、ちょっと勿体ない競馬になりました。
〔【オールカマー(GII)】(中山)〜ナカヤマナイト 重賞2勝目/競馬実況WEB〕
netkeiba.comの、柏木先生(本命はルルーシュ)の予想コラムが冒頭から面白すぎた。


怖い事実が浮かび上がっては予想記事も書きにくくなり、また、素直な馬券作戦も立てられないから正確には調べるつもりはないが、日本を代表するトップトレーナーのひとり藤沢和雄厩舎はこのところ、というより感覚としてのイメージではずいぶん長い間、しかるべきG2とかG1の重賞は勝っていない気がする。正確な記録は別のことで、お情けでG3ランクを与えられている重賞をたまに勝っているくらいの印象である。
藤沢和雄厩舎の直近の中央重賞勝ちは、2012年札幌2歳S(G3)のコディーノ。G2以上だと、2010年青葉賞ペルーサ。一応、2年前に“しかるべきG2”?を勝ってはおりますが、ペルーサのその後のイメージが悪すぎるか(^^;
G1勝ちは、2006年ヴィクトリアマイルダンスインザムード以降なし。
2009年はエルムSのみ、2011年はフェアリーSのみだったりするので、まあ、当然調べて書いたのでしょうけど、先生。
明日のレース回顧コラムが楽しみです。
個人的には、上がり馬をすぱっと切って、ナカヤマナイトからコースと重賞に実績のあるダイワファルコンコスモファントムを相手で久々に馬券取ったので、実に良かったです。
博打は、たまに当たるのが罠(^^;