はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

カキ氷にご用心

恐竜戦隊ジュウレンジャー』26話(監督:雨宮慶太 脚本:井上敏樹)、とある東映のプロデューサーが絶賛していた回だったのでチェックしてみたのですが、ううーん、特にそんなに面白くはなかったなぁ。
成る程こういうネタが好きなのか、というのは納得できたので、好みの問題もあるでしょうが。
何故か冒頭テニスで始まって、仲間二人が……という辺り、雛形は『フラッシュマン』35話の、サラとルーの女のバトル勃発話かしら(同じ脚本家)。
それにしても、ついでに25話も見てみたのですが、『ジュウレンジャー』は正味20分(OP+ED+次回予告含む)で、実質17分ほどにドラマと戦闘とロボット戦を詰め込まなくてはならず、最初にも書きましたが、とにかく大変そう。26話は、ロボット戦無しにしていましたが。