はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

タイムリミットは近い

◆kanataさん
 >ネロス様、ウィズダムとかラプソディとか、むしろ非戦闘員タイプの部下に大して妙に甘いですしねえ……。
「芸術に理解がある自分」とか、「踊り子で華やかな帝国を演出する自分」とか、割と形から入るのが好きっぽいですからねぇ(笑)
 >でもって八荒さんは本当に、どういう方向へ活用したいキャラなのか。
恐らく初期の構想では、トップガンダーが八荒ポジションというか、メタルダーの友人かつ相棒で頻繁に出てくる筈だったのが、八荒のテコ入れ登場によりたまにしか出てこなくなり、かといってトップガンダーは使いたいので八荒は戦闘では役立たずとなり……みたいな流れだったのかなぁと推測していますが、この作品はとにかく戦闘メインですからね(^^;
一番考慮されたのは、流星を食わないようにする、という事だったのかなぁという気もします。